カテゴリ

2017年07月12日

根岸邊図(蓑輪町部分)と大関家文書 〜村絵図 その7〜

2017年7月9日の発表 担当:桜井
参考資料
「江戸箕輪御下屋敷御抱屋敷覚書」〜大関家文書 三ノ輪下屋敷関係資料〜(平成28年荒川区教育委員会発行)
「三ノ輪の殿様」平成28年 荒川ふるさと文化館企画展冊子
根岸邊図の箕輪町部分(宗候別荘、大関候別荘、石川候別荘、池田家別荘、加藤候別荘)拡大図

1.箕輪の武家屋敷、拝領屋敷、抱屋敷、下屋敷
参考資料の「覚書」(栃木県太田原市「黒羽芭蕉の館」所蔵の大関家文書のなかに含まれるものを「荒川区古文書いずみの会」が編集、活字化したもの)の記述と「根岸邊図」とを比較し、「根岸邊図」の制作年が確認できるかを試みる。

2.覚書に書かれている「辻番所」「吉宗ゆかりの松」「寛文9年(1669)に開いた横丁(現:大関横丁)と石橋」「箕輪橋」が根岸邊図で確認できる

3.寛文7年(1667)に大関家が取得とした御抱地は、田んぼのままになっている。抱地の中央に用水とそこにかかる木橋が描かれている。
posted by むねやん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸派 饗庭篁村追悼記事から

2017年6月10日の発表 担当:小田
参考資料
「逝ける饗庭篁村翁と明治期の江戸文学」 (演芸画報 大正11年8月号)
「饗庭篁村」根岸人物誌 巻1の1

1.饗庭篁村君の追憶 (坪内逍遥)
2.饗庭さんの江戸文学 (岡本綺堂)
3.翁の文学(伊原青々園)
4.饗庭篁村氏の前半生
で根岸に絡むところを中心に読み合せる。
posted by むねやん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤野枝と尾竹紅吉の根岸時代

2017年5月7日の発表 担当:李
参考資料
「伊藤野枝と代準介」矢野寛治(弦書房 2012)
「定本 伊藤野枝全集」第1巻、第4巻(學藝書房 2000)
「野枝さんをさがして〜定本 伊藤野枝全集 補遺・資料・解説」堀切利高編著(學藝書房 2013)
「佐藤在寛新聞論談集」(佐藤在寛先生顕彰会 1995)
「自由 それは私自身 評伝・伊藤野枝」井手文子(筑摩書房 1979)
「青踏の女・尾竹紅吉伝」渡邊澄子(不二出版 2001)
「松下竜一その仕事 17 ルイズ〜父に貰いし名は」松下竜一(河出書房新社 2000)
「大正・根岸の空」村上信彦(青蛙房 1977)
ウェブサイト 「中山修一著作集」2「富本憲吉とウィリアム・モリス」

叔父代準介を頼りに九州から上京して向学心に燃える伊藤野枝。日本画家尾竹三兄弟の長兄越堂を父に持つ尾竹紅吉。「青踏」で親しく交わる二人が同時期に根岸に暮らしたのはわずか2年程度ですが、根岸時代は二人にとって、それぞれに忘れがたい青春のひとときでした。
posted by むねやん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

明治30年ごろの根岸での出会い

2017年4月9日の発表 担当:中條
参考資料
「岡倉覚三氏の思出」(九鬼周造随筆集 1993年岩波文庫 菅野昭正編より)
「父 岡倉天心」(岡倉一雄著 岩波現代文庫 2013年)
「岡倉天心 近代美術の師」より中村愿氏の一文(別冊太陽 2013年7月25日 平凡社)

九鬼周造、隆一、波津子と岡倉一雄、覚三をめぐる人間模様
posted by むねやん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸人物誌巻1〜3の登場人物内訳/江川八左衛門

2017年3月12日の発表 担当:小川
参考資料
「根岸人物誌」巻1〜3 (編者 不明)
「東京日日新聞」明治42年4月18日、20日、21日の江川八左衛門に関する記事

都立中央図書館に収められている「根岸人物誌」は、編者不明であるが、明治〜大正を中心に根岸にゆかりの人物の来歴をまとめた人物之部(巻1〜3)と地誌之部(巻4)からなる。
人物之部に登場する人物は延べ690人。重複を除くと615人であった。
5回登場する浅田宗伯(漢方医)。3回登場の江川八左衛門(彫師)、北尾重政(浮世絵師)、竹柴其水(歌舞伎作家)、多田三弥(数学者)、寺門静軒(儒学者)、原徳斎(儒学者)の6名。
職業別だと
画家が159名、金工・技工師63名、役者(歌舞伎・能・新劇)55名、学者(儒学・国学等)53名、俳人・歌人43名、幕臣・官僚31名、書道家27名、文筆家(小説・劇作・評論)26名、医者22名、音楽家(三味線・長唄)20名、詩人(漢詩など)16名、商人・実業家13名、宗教家(僧・牧師)11名、
大名・名主・素封家9名、棋士・囲碁8名、華道・茶道7名、芸者・遊女5名、占い師4名、スポーツ3名といった分類となっている。
今回は3回登場している彫師の江川八左衛門について調べてみる。
内容は2017年3月20日にアップしている「江川八左衛門(昌平黌御用木版師)」を参照のこと。

posted by むねやん at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台東区の土地利用とまち並みの現状

2017年2月10日の発表 担当:大江
参考資料
「東京都の土地利用 平成23年東京都区部」平成23年度土地利用現況調査結果の概要 東京都都市整備局
「台東区景観計画」平成23年12月

posted by むねやん at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村不折邸の来歴

2017年1月15日の発表 担当:神保
参考資料
「由緒ある中村不折氏の邸宅」(土地と家屋 第1巻第3号 土地と家屋社 大正4年10月)
「高士中根香亭先生 一」坂田進一(月刊 書道界 藤樹社 2013)
「香亭雅談 上」(金港堂 明治19年)
「地籍台帳 下谷区上根岸町」1912年4月発行
「日本橋新材木町商業史覚書〜問屋と街〜」白石隆(三田商業研究 1997年12月)

「由緒ある中村不折氏の邸宅」に掲載されている6葉の写真は、当時の見取り図で写した場所と方角が特定できる。また当時の井戸、銀杏、築山が書道博物館に現存していることが確認できる。中村不折邸になる前は、中根淑がこの場所に暮らし、その建物を「迷花書室」と呼んだ。また「香亭雅談 上」では、根岸に居を移したことを記しつつ、根岸に暮らした先人として、大島蓼太<雪中庵蓼太>、喜多村 筠庭<喜多村 信節>、平田篤胤、山崎北峰<山崎美成>、原念斎、寺門静軒、亀田鵬斎、酒井抱一の名を挙げている。この「香亭雅談 上」の奥付の出版人の箇所には「静岡県士族 中根淑 東京府下北豊島郡金杉村185番地」と記載されており、その地所は現在の書道博物館の場所である。一方、この土地を所有していたのは、日本橋区新右衛門町の太田惣吉であり、日本橋区新材木町の地主としても質屋としてその名前が登場する。
posted by むねやん at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鍬形寫ヨ」と寛政の改革 〜村絵図 その6〜

2016年11月13日の発表 担当:桜井
参考資料
「亀田鵬斎と江戸化政期の文人達」渥美國泰著 芸術新聞社 1995
「都市図の系譜と江戸」小澤弘著 吉川弘文館 2002
「鍬形寫ヨ」監修:渥美國泰・内田欽三 発行:津山市教育委員会・太田記念美術館 2004
「山東京伝」佐藤至子 ミネルヴァ書房 2009

北尾正美の名で北尾重政の門人であった鍬形寫ヨは、松平定信の寛政の改革での異学の禁の結果、交流のあった山東京伝(北尾政演)や亀田鵬斎が弾圧の対象になるのを目の当たりにした。そうしたなかで北尾正美は津山藩のお抱え絵師となり浮世絵師時代の北尾正美の名を捨て、鍬形に変え名も紹真(つぐさね)に改め、鍬形寫ヨ紹真となった。
posted by むねやん at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第20代堆朱楊成〜根岸から田端へ〜

2016年9月11日の発表 担当:神保
参考資料
「田端文士村」近藤富枝 中公文庫
「堆朱楊成」 美術日報社編 昭和16年
「下谷の大火再報」東京朝日新聞 明治31年4月21日

明治13年8月に根岸で生まれた通称豊五郎の楊成は、明治29年の兄の死去により第20代を襲名した。
明治31年4月の下谷の大火(全焼418戸、半焼17戸)で焼き出され、中根岸37番地に移転。大正9年、田端430番地に移転。大正11年7月に芥川家の隣に新築なり移転し、そこは堆朱御殿、田端御殿といわれ豪邸だった。
posted by むねやん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸美術工芸家の三奇人〜堆朱楊成、豊川揚渓、青山周平〜

2016年7月3日の発表 担当:小川
参考資料
「根岸人物誌」巻之3
「茶ばなし」より(読売新聞1901(明治34)年4月15日と16日の朝刊)

「根岸人物誌」で豊川揚渓、青山周平については「根岸美術工芸家の三奇人の一人なり」もしくは「根岸美術工芸家の三奇人の一人に数えられる」と注釈がついている。根岸美術工芸家の三奇人とは何か?
それを読み解くカギは読売新聞1901(明治34)年4月15日と16日の朝刊にある。
詳しくは、2016年7月4日にアップされている記事を参照ください。
posted by むねやん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

江戸(化政時代)の笑いと笑い感度

2016年6月12日の発表 担当:橋本
参考資料
ヒュースケン日本日記(岩波文庫)
スイス領事が見た幕末日本 (リンダウ)
日本奥地紀行(イザベラ・バード)
夢酔独言(勝小吉)
北斎の謎を解く(諏訪春雄 吉川弘文館)

ハジケて笑った「文化文政時代」に焦点をあてて、徳川家斉、勝小吉のハジケ具合や外国人が見た笑いこける日本人の印象を紹介。
posted by むねやん at 00:07| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり協議会と台東区都市計画マスタープラン/九鬼周造「根岸」を読む

2016年6月12日の発表 担当:大江
参考資料
東京の町を読む〜下谷・根岸の歴史的生活環境(陣内秀信ほか 相模書房)
台東区都市計画マスタープラン

担当:
九鬼周造「根岸」(岩波文庫)

posted by むねやん at 00:26| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の茶人 益田克徳と二代目松本幾次郎

2016年4月10日の発表 担当:神保
参考資料
東都茶会記 第2巻(大正3年1〜12月)
旧渋沢庭園と三人の作庭者(東京農大 正田実知彦 あらかわ学会年次大会2010)

大住清白(上野風月堂)の茶室を吉田楓軒(和敬会十六羅漢:吉田質屋)が譲り受け「松雨亭」にした(現在の竹台高校付近)。山澄宗澄(茶器商)の「隣鐘庵」(元三島そば)、馬越化成(日本麦酒社長)の「流水庵」(お行の松そば)、大久保北隠の「二覚庵」(上根岸)、今泉雄作の「無碍庵」(中根岸)など明治期には茶室が多く存在した。
posted by むねやん at 00:53| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の三天狗〜成瀬大域、新岡旭宇、永倉雪湖〜

2016年3月13日の発表 担当:小田
参考資料
書道五十年史 (墨美 創刊号 昭和26年6月号)
根岸人物誌 巻之二

新岡は若い時から酒豪で飲むと殆ど狂に近かった。
posted by むねやん at 01:07| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

森鴎外と岡倉天心、そして根岸党(根岸倶楽部)

2016年1月17日の発表 担当:中條
参考資料
「岡倉天心〜美と裏切り」清水多吉 中公叢書(中央公論新社 2013)
「幸田露伴と根岸党の文人たち〜もうひとつの明治」出口智之 (教育評論社 2011)

森鴎外と岡倉天心はともに東大第一期卒業生ということもありよく吞み歩いている。そこに陸羯南、饗庭篁村、森田思軒も加わり明治23年10月には連日のように相互の家で吞んでいた。そして12月には「根岸倶楽部」が設立した。
posted by むねやん at 17:58| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の地図を読む会 2005(平成18)年およびそれ以前の活動

1999 平成11 2 根岸文化フォーラム 吉田漱(子規庵保存会理事長)
1999 平成11 11/23 根岸文化フォーラム 谷中からみた根岸〜子規・天心・鴎外 森まゆみ

2004 平成16 12/12 根岸の地図を読む会 一般向け講義開始
2005 平成17 第T期スタート
2006 平成18 第U期スタート
2006 平成18 1/22 迅速測図について、根岸及近傍図を読む(1)
2006 平成18 2/26 迅速測図について、根岸及近傍図を読む(2)
2006 平成18 3/26 迅速測図について、根岸及近傍図を読む(3)
2006 平成18 4/16 寺社の由来と歴史を班ごとに調査(元三島、猿田彦)
2006 平成18 5/20 寒川鼠骨「散歩」
2006 平成18 6/18 加賀屋敷周辺の景観〜台東区史(社会文化編)昭和40年版より
2006 平成18 7/23 ?
2006 平成18 9/10 フィールドワーク 子規葬送の路を辿る
2006 平成18 9/18 根岸前田邸近傍図について
2006 平成18 10/15 八石教会について
2006 平成18 11/19 「下谷根岸」(下町風俗資料館編)「朝あるき」(坂本四方太)を読む
2006 平成18 12/17 日暮里駅前「千葉屋」で打ち上げ
posted by むねやん at 19:33| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の地図を読む会 2006(平成19)年の活動

1/14 迅速測図について(奥村)、根岸の年表について(金森)、近傍図を読む@(小川)
明治31年4月御箪笥町火事消失跡道路取壊しの件〜東京市区改正委員会議事録より(小川)
1/21 もと猫〜文政期天王寺化け猫の話(奥村)
2/12 近傍図を読むA(小川)昭和7年煙突男が東京市庁舎で下谷区と日暮里町の合併を訴える
3/11 近傍図を読むB(小川)岡野知十について
4/1 天王寺と化け猫事件現場検証とお花見
4/15 江戸図と根岸@(奥村)
5 江戸図と根岸A(奥村)私の根岸<根岸のレジャー系ホテルについて>(一宮)
6 江戸図と根岸B(奥村)
7 江戸図と根岸C(奥村)私の根岸(秋庭)
9/9 江戸図と根岸D(奥村)私の根岸(内田)
10/21 地域調べ発表@<風呂屋、魚屋、八百屋>
11/18 地域調べ発表A<小祠>
12/2 上野郵便局前「うなぎの宮川」にて忘年会
posted by むねやん at 21:07| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の地図を読む会 2007(平成20)年の活動

1 岡野知十について(金森)
2/17 富田木歩について(奥村)
3/16 八石教会の歴史と根岸の出張所〜幽学資料館の資料について(小川)
4/20 オモトヤ(肴舎)と万年青
5/18 合同散策会 正岡子規「車上所見」に沿って
6/15 御行の松と玉垣の名前チェック(熊井)
7/21 正燈寺について(李)
8/17 暑気払い
9/21 ?
10/19 天保根岸鳥瞰図の青雲堂<西谷観空>について
11/9 二世柳川重信について(李)、坂昌成について
12 上野郵便局前「うなぎの宮川」にて忘年会
posted by むねやん at 22:20| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の地図を読む会 2009(平成21)年の活動

2/15 ?
3/15 子規の俳句で巡る根岸
4/19 ?
5/17 ?
6/21 ?
7/20 小説のなかの根岸@
饗庭篁村「松の雨」「今年竹」(小川)
大町桂月「東京遊行記」/河合徳三郎について(李)
寺田寅彦「根岸庵を訪ふ記」(稲子)
8 暑気払い
9/13 小説のなかの根岸A
樋口一葉「琴の音」(福岡)
幸田文「流れる」(熊井)永井荷風「腕くらべ」(秋庭)有吉佐和子「針女」
10/18 小説のなかの根岸B
司馬遼太郎「坂の上の雲」(稲葉)
田山花袋「一日二日の旅 東京近郊」(寺島)高浜虚子「柿二つ」(金森)
11/15 小説のなかの根岸C 佐多稲子「私の東京地図」(竹下)
根岸生まれのSF作家今日泊亜蘭について(李)
12 小説のなかの根岸D
    吉村昭「東京の下町」(桜井)
    村上信彦「根岸の空」(内田)石川達三「ろまんの残党」
posted by むねやん at 22:41| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根岸の地図を読む会 2010(平成22)年の活動

1 病牀六尺(明治35.7.11)の記事を17年後の「根岸物語」(寒川鼠骨)を中心に読み解く(小川)
2 地名の由来と変遷<下谷・谷中〜谷が付く地名が多いのはなぜ?>(桜井)
3 音無川について(内田)、鶯谷雑事記<振りむけばラブホテル>(稲子)
4/18 根岸に住んでいた女役者 市川九女八(李)
5 ?
6 ?
7/19 和菓子屋岡埜栄泉の一門と岡埜庭園の写真について(小川)、神長瞭月について(熊井)
9/20 子規庵界隈の研究<小林高壽>(桜井)
10/17 伯父平井寛について<宝塚星組鞠村奈緒さんのHP「昭和からの贈りもの」より>
11/21 子規と根岸(福岡)、浜野矩随について
12/12 打ち上げ
posted by むねやん at 23:07| Comment(0) | 地図の会例会での発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする